ダンガンロンパV3クリアした感想

どーも。
ちまちま進めてたダンガンロンパv3をようやくクリアしたのですが、
言いたいことが山ほどあるのでここで感想というか語らせてください。


以下、ネタバレオンパレードなので閲覧注意です!!!!






























まず全体的な感想なのですが、
6章の途中までは本当に楽しくプレイできてました。
空気が変わったのは彼女のコスプレの話が出た辺りからですね。
非常に胸糞悪かったです……まあそれも絶望という意味ではアリなのかもしれないけど。
もう少し別の方向でなんとかならなかったのかなと正直思いました。
その辺りからホントにやっつけ感を感じたので。気のせいだといいのですが。
私(プレイヤー)が今までやってきたことは何だったんだろうなと、
最原くんと同じ気持ちにはなりました。本当にやるせない。

何より5章までで死んでしまった皆の気持ちを踏みにじるような内容が、
個人的には一番の怒りポイントです。
私も最原くんと同じで皆が死んでしまったとき深く悲しんだ人間の1人なので。
これは私の我が儘かもしれませんが、
プレイヤー側を責めるような内容はかなり地雷なので、
その地点で結構萎えてしまったところではあります。

で、私の中で一番不完全燃焼な点が一つ。
王馬の頑張りをなかったことにしないでほしい。
こんなこと思ってるの私だけかもしれないし、
正直私が王馬を好きになってしまったのが原因かもしれないけど……
首謀者に勝つためにあんだけ努力したヤツですよ?
確かに性格に難あるし何かと私たちを振り回したクソ野郎ですけど(それは認める)
最後まで証拠残したり体張ってくれたのになんで最後これはフィクションなんて言われなきゃならないんだ。
じゃあ4章でのゴン太の死は?5章で協力してくれた百田の頑張りは?
他の章だってそうだ。全部フィクションなんて言われてしまったら
死んでしまった他の子たちが報われなさすぎる。
王馬だって表では平気な顔してたけど、最後の台詞を見る限り
実際は無理して死と向き合っていた可能性だってあるんです。
(少なくとも私はそう見えてしまった)
だから…・…このオチは納得いかないなぁと。

最後の最後、一応救いがあったのは良かったです。
キーボ、ありがとう。心の底からそう思いました。
確かにこのゲームは殺し合いがモットーだとは思うけど、
やっぱり大好きな皆が死ぬのは私は嫌です。
毎シリーズやってる人間が言えることじゃないかもしれないけど、
やっぱり生きてほしいって思うんです。
なんなら最後に実は皆死んでませんでしたってオチでも私は全然OKです。
もしそうなったらめちゃくちゃ喜ぶ。まあそんなオチはないだろうけど。

私がこのシリーズを気に入ってプレイするのは、
確かにゲームとして面白いっていうのは否定できないけど、
それ以上に皆が『必死で生きようとするその姿が好き』だからだと思います。
だから今作のオチに不満を持ったのかもしれません。
でも最後以外は本当に楽しかったですよ。
登場人物たちも、このシリーズが一番愛着湧いた気がしますし。
中でも1章の内容がショックすぎて2年間このゲームを放置したのはいい思い出です(笑)
それも結局、主人公に愛着が湧いていたからこそですから。


ということで愚痴みたいになっちゃってごめんなさい。
正直5章で王馬が死んだと確信してからは放心状態だったので内容があんまり入ってないかもしれません(汗)
今でも現実を受け入れられず苦しいです。
もっとアイツとやり合いたかったな。色々と。

最後になりますが、
このゲームの続編が出ないことを祈ります。
ここまでのオチをやったんだから……ね?